2年間オイル交換をしなかった結果...


先日、女性のお客様から修理と部品に関する、ご相談のお電話を頂きました。

『ターボチャージャーが壊れ交換したいが、整備工場でターボの交換だけでは治らないと言われたので、どうしたら良いか?』との内容

 

詳しく話を聞くと、エンジンオイルの交換を車検時(2年に1回)にしか行っていなかったとの事です。
おそらく、整備工場の担当者は、エンジン内部が大変な状況なっているのを把握し、ターボ交換しても、また直ぐに壊れることをお客様に伝えたと思います。


 

こうなると、エンジンを全て分解し洗浄、オーバーホールが必要になるので、かなり高額な修理となります。

 

それでも、なんとか安く修理をする方法が無いかと、ご相談されましたが、ターボ交換後に再発する可能性が大である事を伝え、エンジン分解せずフラッシングを数回行い、イチかバチかの保証無し整備でターボ交換する方法しかないでしょうと伝えました。

 

エンジンオイルは人で例えると血液です。
血液がキレイな状態で人も健康だと言えます。

車の心臓部分であるエンジンが不健康にならないよう、エンジンオイルは定期的に交換して下さい。

2018年02月09日