ターボチャージャー / タービン 取り付け要領


ターボチャージャーは、排気ガスを利用し回転するタービンと、タービンの回転を伝達するタービンシャフト、タービンの力を利用して空気を取り込んで圧縮するコンプレッサー、空気の流れを制御するハウジングで構成されています。


ターボチャージャーは1分間に20万回転を超え、800~900℃の排熱を直接受ける大変過酷な条件下で作動しており、タービンによって回収される熱エネルギーは500mlのペットボトル100本以上のお湯を1時間に沸かすほどの熱エネルギーに相当します。


高性能で高い信頼性を得る為には、高度な流体解析技術、耐久性を確保する為の材料・構造設計技術、動作時の騒音低減技術、エンジンとの組み合わせで最大の性能を引き出す為のマッチング技術など、高度な技術を用いて製作されています。


ターボチャージャー/タービンを取付ける前に、この要領を充分お読み頂き、間違えの無い様装着して下さい。


 

 

 


2018年01月25日