トラック・バス用 ターボチャージャー


近年のトラック・バスは、排出ガス規制をクリアーしながらの燃費確保のために、エンジン排気量の小型化が進んでおり、2007年からは約20万台の2トン以上のトラックが100%ターボ装着車として市場に投入されています。


ターボチャージャーの搭載により、燃焼効率を高めて馬力やトルクを向上させ高回転で力強い走りを実現していますが、ターボチャージャーは故障しやすいというイメージが定着しています。
しかし、日々の点検や整備、定期的なメンテナンスを行うことで故障を防ぐことができます。


ここでは、ターボチャージャーのトラブルシューティング、故障事例、故障を防ぐための点検方法などを紹介します。


 

 

 

 


メンズエステサロン【エルセーヌMEN】
メタボリック対策やヒゲ脱毛など、男の魅力を引き出すエステ体験実施中!
2018年01月25日