パワーステアリング

パワーステアリング(パワステ)の登場で、女性ドライバーが急増!?

ハンドルの操舵をアシストするパワーステアリング(パワステ)は、ほぼ全メーカー全車種に標準装着されています。

パワステの登場で、女性ドライバーが急増したと言っても過言ではありません。

パワーステアリングシステムには、油圧式と電動式の2タイプがあります。
ここでは、パワステの構造や仕組み、不具合事例、点検方法などについてご紹介します。


1. 油圧式 パワーステアリング


エンジンからベルトを介してパワステポンプのプーリーを回し、油圧を発生させています。

ポンプで発生した油圧の力を利用して、ラック&ピニオン式パワーステアリングギアを動かしています。


ラック&ピニオンとはピニオンギアとラックギアの組合せの事を指しています。

油圧式) パワーステアリングの不具合事例と原因

「ウオーン」「ウィーン」などの異音


オイル量の不足、オイルの劣化、オイルラインの詰まりによるポンプの高負荷など

「ガクガク」「カクカク」などの振動


ジョイント部分のガタ、ブッシュの経年劣化、ボルト・ナットの緩みなど

「キーキー」「キュルキュル」などの異音


ベルトの摩耗・緩み、プーリーの経年劣化りなど

ハンドルの戻りが悪い


アライメントの狂い・サスペンション関係の不具合など

パワステが重い


油圧不足、オイルラインの詰まり、シャフトやステアリングコラムの経年劣化による作動不良など


油圧式、パワーステアリングで最も多い不具合は、『ポンプからの異音』と『ポンプからのオイル漏れ』ですが、パワステポンプ本体のみの交換作業では、不具合が早期に再発する可能性が大です。

何故か?

パワステオイルはエンジンオイルのように、定期的に交換される方は非常に少ないので、オイルの劣化によって、スラッジが形成され、オイルラインに詰まりが生じます。このラッジの詰まりが不具合を発生させる要因になっています。

パワステポンプを交換する場合、オイルラインを全て洗浄または、ホース類を交換する事が必須となります。

また、オイルラインが詰まった状態でパワステポンプだけ交換すると、油圧が上がり過ぎ、オイルシール等からオイル漏れが発生する場合もあります。

車種によっては、リザーバータンク(オイルタンク)自体がフィルター機能の役割を行っている物もありますのでポンプ交換時には、油圧ホース、リザーバタンク(オイルタンク)の交換をお願いします。

2.  電動式 パワーステアリング


油圧式パワーステアリングはエンジンを動力とする為、燃費を重視させるには不向きです。

燃費の向上を図る為 、急速に普及が進んでいるのが、モーターで駆動する電動式パワーステアリングです。

 

電動式) パワーステアリングの不具合事例と原因

異音「ウオーン」「ウィーン」など


減速機の異常、モーターの異常など

振動「ガクガク」「カクカク」など


ジョイント部分のガタ、ブッシュの経年劣化、ボルト・ナットの緩みなど

ハンドルの戻りが悪い


アライメントの狂い・サスペンション関係の不具合など

パワステが重い


パワステコントローラ(ECU)、センサー、モーター、減速機の故障など


※電動式パワーステアリングは、停止した状態でハンドル操作を繰り返すと高負荷でモーター内部の温度が上昇し 、一時的にハンドルが重くなってしまうことがありますが、故障ではありません。

モーターの温度が下がると、 正常に戻りますので、電動式パワステの特徴として理解して頂ければと思います。